レビトラの服用方法

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法は、性交渉の1時間前に空腹状態で服用する、というものが基本の服用方法です。

レビトラは、即効性のあるお薬で、基本的に効果発現は15分~30分程度と言われていますが、 これには体調体質によって個人差があります。
確実な効果を得るために、約1時間前には服用しておくと安心でしょう。

レビトラの服用時間

「ベッドに入ってから飲んでも間に合う」、「相手がシャワーを浴びている間に飲んでも大丈夫」などとも言われるレビトラですが、あまり過信はしすぎずに、特に初めて服用する場合は余裕を持つようにしましょう。

レビトラには5mg、10mg、20mgという規格があります。
初めてレビトラを服用する場合は、5~10mg程度の服用からにしましょう。
ED治療薬は、たくさん服用すればその分効果が大きくなるというわけではなく、副作用が強く出すぎてしまう場合もあるため注意してください。
その際、20mgを購入し、ピルカッターなどで割錠して服用すれば、コストパフォーマンスも上がるのでおすすめです。

レビトラと食事のタイミング

食事

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬です。

しかし、全く食事の影響を受けにくいというわけではなく、少なからず影響を受けます。
そのため、食べ過ぎたり、脂っこい食事をしてしまうと、レビトラの効果発現が遅れてしまうこともあります。

食事を摂りたい場合は、レビトラをまず服用し、30~40分程度時間をあけて、レビトラの成分をしっかり身体に吸収させれば、食事をしても問題ありません。

また、食事をする場合は、脂肪分の少ないあっさりとした食事と、腹7分目程度を心がければ、レビトラを服用しても効果を感じることができます。

レビトラとアルコール

飲酒

レビトラに限らず、ED治療薬服用時には、飲酒に注意が必要です。

ほどよい飲酒量であれば、アルコールにある精神安定作用によりリラックスできるため、レビトラの効果を引き出すことができます。

しかし、お酒の弱い人の場合、レビトラの血管拡張効果によりアルコールが一気に回って倒れてしまう可能性があるため、控えたほうが良いでしょう。

ページの先頭へ