レビトラの効果

レビトラ

レビトラは、ドイツのバイエル社が販売するED治療薬です。

日本での発売は、バイアグラの発売開始の翌々年2001年に申請が行われ、2004年に製造販売が認可されました。
そしてその後の2004年6月に5mgと10mgの発売が開始され、その3年後の2007年7月に20mgが発売されました。

世界初のED治療薬バイアグラの次に販売されたのが、このレビトラです。

食事の影響を受けやすく、効果発現まで時間がかかる、効果時間が短い、などといったバイアグラに対する不満を、レビトラはカバーするよう開発されました。

時間

レビトラは、バイアグラ、シアリスに並んで「3代ED治療薬」とも呼ばれていますが、レビトラはこのED3剤の中でも特に即効性があると言われています。
レビトラの効果発現時間は、服用後15~30分程度と言われ、バイアグラが30分~1時間、シアリスが1~3時間であることと比べると、その圧倒的な即効性がわかります。

また、レビトラの錠剤は、他のED治療薬と比べて小さめにつくられているのも特徴です。
こういった点で錠剤の服用が苦手な方にも、レビトラ錠は人気があります。

レビトラの有効成分「バルデナフィル」

レビトラ錠

レビトラのED症状改善有効成分は「バルデナフィル」です。
バルデナフィルは、大変水に溶けやすい性質を持っています。この水に溶けやすい性質が、レビトラの即効性を生み出します。

また、バルデナフィルも他のED治療薬同様、人間がもともと持っている「勃起を抑制する酵素(PDE5)」のはたらきを阻害することによって勃起を促します。「PDE5阻害型」のお薬と呼ばれることもあります。

レビトラは、ED治療薬です。
精力剤や、媚薬のようなものとは違い、服用すれば勃起する、というものではありません。性的興奮の信号を脳から受けない限りは、勃起することはありません。

そしてもうひとつ、レビトラの特徴ともいえるのが「食事の影響を受けにくい」という点です。
バイアグラは胃の中に食べ物があると満足な効果を得られないほど、食事の影響を受けやすいお薬ですが、レビトラは腹7分目程度の食事であれば、問題なく効果を発揮してくれます。
ただし、レビトラも、全く食事の影響を受けない、というわけではありません。やはり食べ過ぎてしまったり、脂っこい食事のあとでは効果発現時間が遅れたりしてしまうことがあります。
食事の影響は受けにくいとされているレビトラですが、きちんと効果を実感するためには、空腹時に服用するほうが好ましいと言えるでしょう。

ページの先頭へ