ブリトラ

ブリトラ

ブリトラ20mgは有効成分バルデナフィルを20㎎含むレビトラのジェネリック薬です。

陰茎の勃起を止める酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を阻害することで勃起を助けます。
このブリトラの有効成分バルデナフィルのPDE5阻害型と呼ばれるはたらきは、バイアグラと同系統とsれていますが、バイアグラより効果があらわれるまでの時間が短いことが特徴です。個人差もありますが15~30分で効果が実感できます。

ブリトラ20mgは食事の影響を受けにくいとされていますが、できるだけ空腹状態で服用するほうが効果を得やすいでしょう。

日本で処方されているレビトラ錠は5㎎~20㎎のものですので、初めての方や身体の小さい方は、ブリトラをピルカッターなどで半分~4分の1に分けて服用してください。
割錠して服用することにより、コストパフォーマンスも上がります。

ブリトラの服用方法

ブリトラ20mgは通常成人には1日1回10㎎を性行為の約1時間前に水などで服用してください。
ブリトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ではありますが、できる限り空腹状態で服用をするほうが、効果発現の時間も短くなります。

10㎎で充分効果が得られない場合は20㎎まで増量が認められています。

服用間隔は24時間異常あけ、1日に何度も服用しないでください。

高齢の方、肝障害がある方は効きすぎることがあるので5㎎から開始し、効果が足りないときは10㎎まで増量してください。その際も、服用間隔は24時間以上あけてください。

ブリトラの副作用・注意事項

ブリトラの副作用として、めまい、顔のほてり、目の充血、頭痛、鼻づまりなどが報告されています。
これらの副作用は、効果発現時間である6~8時間のあいだにおさまるようであれば問題ありません。頭痛や、鼻づまりが気になるようであれば、市販の頭痛薬や、鼻炎薬と併用しても構いません。
効果発現時間を過ぎても症状がおさまらない場合や、気になる副作用があった場合は、医師に相談をしてください。

硝酸薬や一酸化窒素供与剤を使用中の方、心血管系の障害がある方は絶対に服用しないでください。

ブリトラの成分にアレルギーがある方、性交中に狭心症を発症したことがある方、6か月以内に脳血管障害や心筋梗塞を起こした方、肝障害がある方、透析中の方は服用しないでください。

ページの先頭へ